RS4 125で堺カートランド(サーキット)デビュー

RS4 125で堺カートランド(サーキット)デビュー その1

某日、RS4 125で堺カートランドでサーキットデビューをしてきました。
最高に楽しかったです!

この日のための準備やら何やら・・・ほんと、長かったです。
でも、準備してきて良かったです。

ということで、この日、感じた諸々について書き残しておきたいと思います。

堺カートランドについて

堺カートランドのホームページとマップです。

率直な感想

物凄く楽しかったです。
別にバイクのラインディングに自信があったわけでもなく、2年前にバイクに乗り始めてツーリングを楽しんでた程度のぼくですので、最初からうまくいくわけもなく・・・という自覚はあったんですが、思いのほか、楽しめたのは間違いなかったかなと思います。

正直言うと、カーブの侵入と曲がり方が全然ダメで、思っていた通りにダメダメでした。笑
ライン無視みたいな軌道で曲がってましたし(笑)、加減速が全然出来てなかったです。笑

でも、とりあえず見様見真似でバイクを倒して膝擦りを意識すると、色々なことがありました。

  • 膝を擦ると”ごりごりごりごり・・・”と音がしました。笑
  • 視線が物凄く地面に近かく感じました。びっくりしました。
  • ステップを擦りました。
  • タイヤに力が加わっていることが分かりました。
  • つま先も擦るということが分かりました。
  • 曲がる時は半ケツ状態にしてたんですが、毎回、同じように曲がるのがほんとに難しいと感じました。

というところでしょうか。

もっと疲れるかなぁ?と思ってたんですが、そこは最近のトレーニングが活きてるのか、オフロードが活きてるのか、程いい疲れを感じたというところでした。
でも、ツーリングをしてた時は、こうやってバイクでこんだけ身体を使うということがなく、オフロードに行き始めてから学んだことでしたので、オフロードがなかったら、ぼくはこうやってサーキットを楽しめなかったんじゃないかな?と感じています。

あと、意外と、色んなところで時間を使うなぁ?と感じました。

サーキット当日、堺カートランドに行くまでの準備、到着してからスタートまでの準備、終わってからの片付け、自宅に戻ってからの片付け・・・という感じで数時間走るために、丸一日時間を使うみたいな、そんな感じでございました。汗

慣れればもっと時間を短縮出来るかもしれませんが、そんなことも感じました。
もっと慣れて、もっと集中できるようにしていきたいなと思っています。

まずは、全体を通じてそんなことを思いました。

サーキットに行く直前の準備

サーキットに行く直前、準備として、以下のような準備をしていました。

※バイクスタンドについては手持ちでした。汗

カバンはアマゾンベーシックのカバンです。

ツナギからヘルメットからグローブからブーツ、その他、小物も大量に入ります。
100Lはあると思います。
RSタイチにも同じようなバッグがありますよね。
120L入るようで、アマゾンベーシックのカバンより少し大きい感じかなと思います。

RSタイチのホイールドギアに関しては、レーサーである渥美心選手の動画でも紹介されています。

余談ですが、最近、マイブームは渥美心選手です。
渥美選手の動画にハマっています。w

そして、アマゾンベーシックのカバンについては、以下の記事を参考にして選んでみた次第です。

※バッグの価格は記事の通りではなく、変動していると思います。

便利なバッグをお探しの方は是非。

走って感じた諸々

ヘルメットリームーバーは最高に便利ですね。
今後、オフロードやツーリングの時もしていこうかなと感じました。
ヘルメットの着脱がめちゃくちゃ楽になるんですよね。
びっくりしました。

今後、RS4をサーキットに最適化するようにカスタムすることを考えてますが、バイクを変える前に自分を変えたいと思います。笑
ライディングのテクニックが足りなさすぎると言いますか。笑
正直、今のままでもサーキットを走行することができるわけですし、マフラーを変えたりカウルを変えたりしても、こちらの技量が追いついてないんじゃ話にならないですよね。笑
ということで、しばらく、カスタムは置いておこうと思います。

曲がる時の膝擦り、膝を擦ることが重要なのか、そういう挙動をすることによってタイヤに力を加えることが重要なのか、こういう中身の部分の話が少ないから、この辺りをもっと考えていきたいかなぁと感じます。
正直、走行中に膝を出すことばかり考えてると、曲がることに集中出来ないというか。笑

それより、ステップを擦りに行きながら上半身と下半身でタイヤに荷重をかけることを意識する方が曲がりやすいですかね。
バックステップでステップ位置をあげるとまた変わるような気がしていますが、そういう諸々を考えました。

”膝擦り”という言葉がメジャーな言葉になってるくらいですから、絶対に意味のある言葉かなと思うんですね。
まずはそこに気づくまで、色々試行錯誤してみたいと思います。

あと、今日ほど、スピードや速さを意識したことはありませんでした。
”速く走りたい!”なんて思いながら走ってた気がします。笑
絶対、速く走れないタイプですね。笑
今まで、ツーリングなどで、そんなことを思うことはなかったですし、スピードが遅いということに対して何も思うことはありませんでした。
道路の流れを止める程の速度だと問題はあると思っていましたが、だからと言って”もっと速く”なんて思うことはないですからね。w
オフロードでも速度はあまり意識することはなかったんですが、サーキット上ではちょっとマインドが違ったと思います。
今後、オフロードでも、ある程度のスピード感を意識して練習しようと、改めて思いました。
エンデューロレースなどはスピードも重要になってきますからね、そんなことを感じました。

次回までに用意しておきたいモノについて

さて、これだけ楽しかったサーキットですが、もっと便利に楽しめるように、以下のモノを用意しておきたいかなぁと感じました。

  • ニトリル手袋(サイドスタンドを外す時に使う)
  • 油汚れ用の手洗い石鹸
  • ウエス
  • パーツクリーナー
  • ゴミ袋
  • 椅子は大きめでもいいかも
  • テーブル(パドックで広げたら便利。)

という諸々を感じました。
カバンは十分なサイズなので、これらであればいけるかなと思います。

今回は、一緒に来てくださった方にお助けいただいた感じでございました。
ありがとんございました!\( ˆoˆ )/

締め

そんな諸々を感じた次第でございます。

今後、毎月サーキットには行きたいなぁと思っています。
「堺カートランド」、「名阪スポーツランド」、「近畿スポーツランド」、「神戸スポーツサーキット」あたりを行ったりきたりしたいなぁと思っています。
距離的には、前者三つのサーキットが都合がいいですかね。

毎月行きたいと思ってますが、慣れのないうちは、平日の午前中だけにしておきたいと思うんですね。
休日だとやっぱり人が多くなりますし、その中でマイペースを維持するのは思いの外しんどいかなと思うので、慣れないうちは人が少ない時間を選ぼうと思います。
それなりにマナーやルールもありますしね。

あと、オフロードも欠かさず行きたいので、色んな兼ね合いの中で調整という感じですね。
毎月、綺麗にスケジュールを調整・・・というのは、難しいかなと感じています。
やっぱり仕事もありますしね。
そんな諸々を思う次第ですが、サーキットとオフロードのスケジュール調整は楽しいだろうなぁ・・・と、そんなことを思っています。

最後になりましたが、走行中の写真はありませんが、何枚か撮った写真がありますのでアップしておきたいと思います。

RS4 125で堺カートランド(サーキット)デビュー その2

RS4 125で堺カートランド(サーキット)デビュー その3

RS4 125で堺カートランド(サーキット)デビュー その4

以上、お疲れ様でした!\( ˆoˆ )/

(Visited 441 times, 1 visits today)