海外通販でトライアルウェアを購入

海外通販でトライアルウェアを購入と海外通販活用術 その1

先日、海外通販を利用して、GASGASのトライアルウェアを購入しました。
メーカーはHEBOがつくってるウェアです。

上の写真は、追跡データのキャプチャです。
「International Tracked & Signed | Royal Mail」というサービスで配送されてきました。
2/17に購入し、2/28に到着したという感じです。
そして、到着した荷物の写真です。

海外通販でトライアルウェアを購入と海外通販活用術 その2

日本のショップさんやディーラーさんからすると、ちょっとやめてほしいかもしれないことだとは思うんですが、色々と便利だったので、紹介させていただこうと思います。

この記事では、トライアルウェアだけでなく、モトクロスやエンデューロ、自転車、他、2輪系の趣味で使えるウェアなど、日本にはないメーカーのお話がテーマの話となります。
ですので、ミズノのような日本にあるメーカーの話ではありません。
ミズノのウェアを海外通販で購入する意味はありませんよね。
国別のオリジナルウェアを購入するなら話は別ですが、一般的にはあまりないことだと思いますので、その点についてはご了承くださいませ。

あと、最近、色々と思うこともあったので、そのことについても書いてみようと思います。

今回、利用したサイト

今回利用したサイトは「Trial Enduro Direct」という以下のサイトです。

そして、以下のサイトでも、トライアルウェアなどトライアルに関する製品を購入することができます。

上記で、だいたい何でも買えるかなと思います。
ファクトリー系のウェアに関しては、トライアルバイクの情報と横並びで紹介されてたり販売されてたりするかなと思います。
BETAやベルティゴやTRRSなどですね。
あと、ぼくが知らないメーカーやサイトも多々あるかと思いますので、あとは、各々、調べてくださいませ。

上記のサイトで「trial clothing」や「trial」や「trial wear」などで製品検索をすると引っかかってくると思います。

海外通販と国内販売の違い

海外通販って信用できるの?というのがあると思います。w
ぼくは、今回の取引で、基本的に信用しています。

そもそも、ぼくは海外サービスを結構使ってる方だと思いますので、慣れがあるのかもしれません。
プログラミングを学ぶ過程や、今も情報を拾うのに海外サービスにはよくアクセスしています。

で、色々なやり取りで感じたことを箇条書きしておきます。

  • 海外では在庫がありやすい。
    マイナー製品を扱ってるというわけではないので、日本とは在庫量が根本的に違う模様。
  • 送料はよく確認した方がいい。
    国によって送料が変わります。
    基本的にはウェア類であればまとめ買いをした方がお得。
  • 製品価格は日本より若干安い。
    これは関税や送料、国ごとの価格設定がある。
  • 2輪メーカーや、S3のようなメーカーはディーラーが決まってる模様。
    ディーラーを選ばないといけないメーカーもある。

だいたいそんなところでしょうか。

在庫管理も、システム上に反映されているので、在庫がないサイズはサイト上にあまり表示されていませんでした。
ですので、二度も三度もやり取りが発生せずに済む・・・という理想的な展開でした。
海外のビジネスはそういう無駄を嫌うので、まぁそれが普通なんだと思うんですけどね、WEBやらITから遠い方々には、少々しんどいことですよね。
これは別にオフロードやトライアル界隈のことを言ってるのではなく、今の日本の大半はそんな感じですよね、、、という認識です。

ということで、つまり、トライアルウェアを日本で買おうが海外で買おうが、ネットで買い物をするならば大差ないんですよね。

海外通販を利用する上で注意すべきこと

偽サイトに注意

言わずもがなですが、偽サイトには注意してくださいませ。
判別するための方法として、以下の点について注意してみてください。

  • 多言語対応
  • ドメイン
  • 住所
  • 細かい業界情報の掲載内容

世界中で利用されているメーカーの通販サイトですので、基本的に多言語対応になっているサイトが多いです。
日本語対応はしてなくても、多言語でないサイトは少ないかなと思います。

んで、運営者の住所とドメイン。
イギリス運営なのに、”.jp”とか使ってたらおかしいですよね。

また、製品データも、オフィシャルメーカーの抜粋なのか、オリジナルで書かれているのかなど。
あまりにも本家データとズレがある場合は要注意ですね。
この手の製品は、必要以上の宣伝をしてはいけないはずなんですね。
ですので、そのままコピーしてるにしても、多言語対応なのかどうか、、、など、本家データと比較してみたいするのも一つかなと思います。

あとは、サイト全体を見て、しっかりしまくってたら、それはもう偽サイトではないかなと思います。
正直、この手の製品は、めちゃくちゃ種類があるわけではないので、明らかにおかしな製品があれば気づくかなと思います。
そういう意味でもしっかりデータの確認さえできていれば偽サイトではないかなと思います。

決済について

決済は、クレジットカード(デビットカード)とペイパルのような決済サービスを使っているところが多いです。
現金振り込みは少ないんじゃないかなぁ?と思います。

為替変動などもあってあれこれしてられないんだと思うんですね・・・って違うかな。

兎角、決済サービスは割と決まっていますので、対応できるようにするといいかなと思います。

送料と配送サービス

今回はイギリスでしたが、運営元によっては配送サービスが変わると思います。
特に、トライアルに関わる製品ならば、スペインからの発送も多そうですよね。

となると、送料も配送サービスも大きく異なることが出てきます。
やたら送料が高い・・・という話も聞くことがありますが、幾つも経由地が増えるような国で買えば、送料が高くなるのは当然かなと思います。

事前に調べて妥当性を見て購入されるといいと思います。

住所と電話番号の入力

海外のサイトに住所を登録したりする時、英語表記で入力をしなれければいけません。
ということで、以下のような住所書き換えサービスを活用して、コピペで入力すると便利です。

特に・・・というわけではありませんが、マンション名などは、注意した方がいいかもしれません。
マンション名はカタカタ表記が使われていることが多いかなと思います。
「メープル」は「ME-PURU」なのか「MAPLE」なのか、、、という感じですね。

出来れば、登記上の表記の方が好ましいですよね。
マンション名で調べられることもあるようですし。

海外通販おすすめポイント

だいたい、以下に当てはまる方は、海外通販でモノを購入されるといいかなと感じています。

  • 海外のサイズが分かっている方
  • 国内流通が少ない製品が欲しい方
  • 国内のショップの対応で嫌な思いをした方

という感じかなと思います。

海外ウェアのサイズはひと回り大きなメーカーが多いですよね。
ぼくは、ワークマンのウェアであれば「3L」ですが、トライアルウェアでは「XL」でちょうどです。w
ヘルメットやブーツなど、サイズが分かっている方であれば、海外で直接買われてもいいかもしれません。

国内流通が少ない製品ですが、ファクトリー系のウェアやKENNYのようなモトクロスが主流のメーカーのトライアルウェアはまだ国内流通が少ないですよね。
これらであれば、海外で買われるといいんじゃないかなと思います。

あとは、国内のショップさんで嫌な思いをした方ですかね。
まぁ、、、こればかりは仕方ないですかね。
後述しますが、ぼく個人的な感覚で言えばNG行為ではあるんですが、我々のような新参をいちいち相手してたら時間がどれだけあっても足りないという実情もあると思うんですね。
そんなに流通量があるわけではない業界かなと思いますので、一見さん相手に時間はかけてられないかなとも思っています。
ですので、海外の通販を使う方が、合理的かなと思うんですね。

国内で在庫がある製品であれば別ですが、在庫のない製品を購入する場合、海外通販であろうがなかろうが、納期的には変わりません。
誰が日本に取り寄せてるのか?くらいの話ですので、誰が頼んでも時間は基本的にかかります。

そういう諸々を踏まえてご利用されるといいかなと感じています。

余談

この業界の体質なんだと思うんですが、ぼく個人的なビジネスマン的な目線から見ると、結構ありえないと思ってしまってることがあるんですね。
ただしかし、これまでは、それらによって保たれた秩序などがあったのかな?と思います。

ですが、どうにも、トライアルウェアやアクセサリーを国内サイトやショップさんで買い物をしようと思ったら、やたら面倒だったので、海外通販を利用したんですね。

日本のショップさんやディーラーさんは、ウェア類など、あまり在庫を抱えていない傾向にあり、メーカーに随時問い合わせ・・・になってると思うんですね。
プライベートショップさんは、メーカーのディーラーではないので、取り扱いのないメーカーの製品に関しては2次代理店的な感じになってると思うんですね。

ですので、出来れば、在庫のある商品で対応をしたいと思っているでしょうし、出来れば、今の情勢上、先行きが見えない取り寄せや問い合わせは極力したくない的な、色々、諸事情あるとは思うんですね。
今でしたら、コロナや戦争で流通がストップすると、全てストップしますので、たかが数万円のやり取りで、そんな手間はかけたくないと思うのは、至極普通のことかなと思うんですね。

ですので、それら諸々について、正直にご説明をいただく分には全然構わないと思っています。
面倒なら面倒と言ってほしいですし、少々時間がかかる分については承知しますし、たかが数万がキツいなら出来るだけまとめ買いもしますし、ショップさんとしていらぬ手間がかからないようにしたいのは物凄く理解しています。

理解してるんですが、実際に買い物をする段階になって、いかにも面倒そうな対応をするのだけはやめてほしいんですね。汗
んで、そうやって態度に出るくらい面倒なことがよく起きるなら、サイト上で表示するのをやめてほしい・・・と思ってしまうんですね。
多分、各都道府県に幾つかしなかいショップに日本全国から問い合わせがあって、いちいちメールで返信・・・考えただけでゾッとしますよね。汗
めちゃ理解もできますよね。汗

それならそれで、きちんと管理するのが仕事かなと思うんですね。
在庫管理をしてないのはぼくではなく、ディーラーさんやショップさんなんですよね。
それを”空気読め”的な雰囲気で接せられても困ると言うか・・・。

そして、そういうやり取り、一店舗だけでなく、割と色んなショップさんがそんな感じだったんですね。
サイト上でオーダーしたあと、メールで”在庫がないから問い合わせるけどいつになるか分かりません”的なことを一文だけで返信されたり・・・。
返信をもらえるならまだ良くて、2週間以上も返信がなく、こちらから問い合わせないと進捗が出なかった・・・ということもあったんですね。

これらに関しては、細い手間ばかりかけさせる形になって申し訳なく思っています。
前述の通り、これまでの慣例で言えば、我々がショップさんの意図を汲み取る必要はありますよね。
仕事をする途中で、割と細いやり取りが発生すると手間が取られますし、めちゃ面倒になるのは分かるんですね。
ですが、それなら、それなりの管理をしてほしい・・・と、めちゃ思ったんですね。

ショップさんにはショップさん、メーカーにはメーカーの都合もありますし、誰が悪いわけでもないとは思っています。
そこをあれこれ言うつもりは一ミリもないんですね。

でも、ブーツやメットもなければウェアもなくて、とにかく、トライアルバイクはあるけど他は何もない・・・みたいな新参には結構ツラかったです。
国内で海外メーカーの製品の在庫があるショップさんはほぼ限られてますし、ショップが遠かったりしますし、取り寄せが当たり前の世界だったと思うので、取り寄せが面倒で、お客さんに面倒そうな態度を取っても売り上げに影響しにくいという、これまでのあれこれがあったと思うんですね。
「文句言うなら他で買えば?」的な。

ですので、他で買った・・・みたいな。

ちょっと愚痴っぽくなってしまったとは思うんですが、別に怒っても恨んでもなくて、客観的に見ると、ただただそんな感じなんですよ・・・という感じなのかなと思っています。

締め

という諸々ですが、いかがでしたでしょうか?

色々書きはしましたが、今後も、国内で買えるものは国内で買いたいと思っています。
ブーツなどは、基本的に国内に在庫があるやつが多いと思いますので、そういうものに関しては国内で購入して経済に貢献したく思うんですね。

ウェアとか、細かいあれこれがあるものは海外で購入していこうと思うんですね。
一着だけ購入してサイズがあわずクレーム・・・じゃ、お互いにしんどいだけですし。

重ね重ねですが、別に怒ってませんし、恨んでもないですし、全部、致し方ないことだと思っています。
ぼくにしても、パーフェクトな仕事は出来ませんので、十分に理解の範疇なんですね。
ただ、他にも選択肢があるので、その選択肢を選べる範囲で選んだ・・・ということでご容赦いただきたく思うんですね。

ということで、同じような思いをされた方は、海外通販を是非、使ってみてください。
そして、一緒に騙されましょう。笑
今はまだ嫌な思いをしたことはないですが、海外サービスは、手抜きなところはとことん手抜きですので、その時はその出来事をアップしていこうと思います。笑

(Visited 448 times, 1 visits today)