瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング

先日、吉野は瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリングで行ってきました。
「瀞」は「どろ」と読みます。
「静」という文字と似てるので、「せい」とか「しずか」と読んでしまいそうですが、正しくは「どろ」です。
ということで、この記事は、「瀞峡、瀞ホテルへのマスツーリング」のツーリングレポートです。

どんなグループでのマスツー?

このマスツーリングは「関西二輪倶楽部」というツーリンググループで開催されたマスツーでした。
「関西二輪倶楽部」は、ぼくが参加させていただいているツーリンググループです。
結構な頻度でツーリング企画が出ていまして、時間の調整がつく時は参加させていただいています。

今回、最初は6台、途中から7台という台数でのツーリングでした。

この時、ぼくは RS4 で参加しました。
このツーリングでは、高速道路を使う予定がなかった・・・というか、今、主催リーダーが 125cc に乗ってるので、どうせならぼくも 125cc に乗りたい・・・と思ったという次第でございました。

というのも、今の所、「関西二輪倶楽部」と「ボルト(BOLT)を購入したショップ主催のツーリング」と「(自分だけ)ソロツー」という感じでツーリングを楽しんでるんですが、遠出したり、タフそうなツーリングの時は、どうしてもボルトに乗ってしまい、ボルト頼りみたいな感じになります。
そうなると、 Aprilia RS4 を楽しめる感じではなくなってくるんですね。
なので、 125cc の方がいらっしゃるツーリングでは、極力 Aprilia RS4 に乗ろうと思ってる次第なんですね。

今回の目標とか目的とか

今回は、瀞ホテルというレストランでご飯を食べて、自然を楽しむというのが、目標というか、目的でした。

無事に達成できて楽しかったです。
奈良、三重、和歌山の山奥って色々あるんだなぁ・・・と改めて感じました。

写真で見る「瀞峡、瀞ホテルへマスツーリング」

朝、針テラス集合からスタートでした。
何時だったかな?
9時とか10時くらい集合だったと思います。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その1

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その2

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その3

んで、あれこれコミュニケーションを取って雰囲気が和んできたところでスタートです。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その4

今回、動画を撮らなかったので、途中の写真がないんですね・・・。汗
手を抜きすぎたというか、何も考えてなかったというか・・・。汗
ということで、なんやかんやで瀞峡、瀞ホテルに到着です。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その5

断崖絶壁にあるホテルということで有名なレストランです。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その6

川が綺麗でした。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その7

もともと、瀞ホテルという宿泊施設だったのが、いつしか、一度閉館して、その後、レストランとして再開したということでした。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その8

入り口入ったフロントのところなんですが、何から何まで古いんですよね。
でも、それもまたいい感じです。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その9

メニューです。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その10

今回は、ハヤシライス大盛りを頼みました。
他のメニューも頼もうかなと思ったんですが、バイクや車に乗ってる途中に食べすぎると眠くなるというか、ロクなことがなさそうなので、いつもあまり食べず控えめな感じです。
というか、車に乗ってる時もそうですが、ロングドライブの時でもあまり休憩しなかったり食べたりしないタイプなので、まぁよく食べた方かもしれません。
でも、マスツーの時は色んなタイプの方がいらっしゃるので1時間に1度の休憩は心がけてます。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その11

レストラン内にあるあれこれを撮影していました。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その12

何か凄い盾ですね。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その13

「三國にまたがる聲やほととぎす」と書かれています。
この句は、「詠み人知らず」だそうで、作者は分からないそうです。
この地は、三重県、和歌山県、奈良県、それぞれの境にあるということで、「三國にまたがる」ということだそうでした。
なんか、よく分からないけど、勉強した気になりますね。ꉂꉂ(´^ω^`)

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その14

んで、暫く歩いたところに吊り橋がありました。
この吊り橋は「谷瀬の吊り橋」ではありません。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その15

「山彦橋」だそうです。
高くないんですが、ぼくは高所が苦手なので行きませんでした。汗
他の皆さんは渡られたと思います。笑

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その16

んで、帰り、途中にある道の駅「おくとろ」で写真を撮りました。
随所で撮ってたんですけどね。

瀞峡(どろきょう)、瀞ホテル(どろほてる)へマスツーリング その17

解散の場所は、「おくとろ」を出て169号線を道なりに?進み、針テラスまでの途中にある道の駅「杉の湯 川上」でございました。

暖かくなってきてる最近ですと、ツーリングも気持ちいいすね。
朝は寒かったんですが、昼過ぎからは、山とは言え、だいぶ暖かかったです。

まとめ

ぼくが関西のことを知らなさすぎるのか、バイク乗りの皆さんが関西をよく知ってるということなのか、どちらかよく分かりませんが、バイクや車に乗ってると、こういう観光を知り楽しむことができるんですね。
めちゃ楽しいんですよね。\( ˆoˆ )/

初対面の方も半数程はいますが、全然苦にならないというか、色んなコミュニケーションが取れて、それもまた楽しいんですよね。

今回の移動総距離、 300km 強くらい。
ハイオク満タンスタートで、往復したら給油という感じでした。

今回、ニーグリップで手首や肩に負担をかけない意識をしていたせいか、手首は全然痛くなりませんでした。
これも学びの一つですかね。w

ということで、今回のマスツーも無事に楽しめて終了いたしました!\( ˆoˆ )/
皆さん、ありがとんございました!\( ˆoˆ )/

最後に。

「関西二輪倶楽部」にご興味のある方がいらっしゃいましたら、Twitterでもこのブログでも構わないので、何かしらご連絡くださいね。
ぼくには何も出来ませんが、主催リーダーに繋ぐことは出来ると思いますので、どうぞ宜しくでございます。(*´︶`*)

(Visited 148 times, 1 visits today)